イメージ

カラコンとサークル

めがねの女性

コンタクトレンズは視力が悪い人だけが使用するものじゃなくなってきました。
カラコンを使うことにより、顔の印象を大きく変えることができるので、ファッションの一部としてカラコンを取り入れる人が増えてきています。
カラコンには、サークルレンズと呼ばれるものもあります。
どちらもコンタクトレンズには変わりありません。
そして、どちらにも視力を矯正するための度数を入れることが可能です。
視力が悪くない人の場合、度を入れてないタイプを選ぶこともできます。
カラコンは、瞳の色を変えることが主な目的のコンタクトレンズです。色がカラフルで、パープルやグリーン、ピンク等豊富なカラーバリエーションがあることが特徴です。
サークルレンズの場合、瞳の中でも黒目の割合を大きく見せることで顔の印象を変えていくという商品です。
レンズにサークル状のフチが入っていることが特徴です。

カラコンとサークルレンズの明確な違いとして、取り扱っているメーカーが有ります。
サークルレンズの場合、医療用コンタクトレンズを販売しているメーカーが取り扱っていることが多いのが特徴です。
眼科やメガネ屋さんでも取り扱いがあります。
カラコンの場合、ネット通販や雑貨屋さん等で簡単に購入することが可能です。
どちらにもそれぞれ特徴があり、メリットがあります。
自分のなりたいイメージに近づくにはカラコンが有効なことや、瞳を自然に大きく見せたいのでサークルレンズが有効であると人によって様々です。
自分のなりたいイメージに合わせてコンタクトレンズを選んでいくことが大切です。